2019年6月4日火曜日

6月1日(土)みたか発電 第5回通常総会&映画『モルゲン、明日』上映会を開催しました

こんにちは。みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

さて、本日は先週末1日(土)に行われました
私たちみたか市民協同発電の第5回通常総会の様子と
その後に開催されました映画『モルゲン、明日』の上映会の報告をいたします。


★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆

6月1日土曜日、午後1時15分より、三鷹市市民協働センター第二会議室にて
NPO法人みたか市民協同発電の第5回通常総会が行われました。

代表の大谷内千秋の挨拶に続き、司会、会場から選出された議長により会は進行、
議案の報告と説明に入りました。


議案は次の通りです。

【第一号議案】2018年度事業報告・決算報告、監査報告
【第二号議案】2019年度事業計画案、収支予算案

いずれも承認されました。

第二号議案承認後、議長から事業計画案、収支予算案それぞれから
『案』の文字を取る(削除)ことが告げられ、
2019年度の事業計画、収支予算ともに確定をしました。


最後に2019年度のみたか発電の役員(理事・監事)が代表の大谷内から紹介され、
副代表理事の小笠原の挨拶で閉会となりました。

すでに4月より2019年度は始まっていますが、
これからのみたか発電の活動にもぜひご注目ください。

*****************

また総会終了後の午後2時30分からは、映画『モルゲン、明日』の上映会が
同じ会場で行われました。

上映会前の代表大谷内千秋の挨拶です。

大谷内:
今日上映する「モルゲン、明日」は坂田雅子監督のドキュメンタリー映画です。2018年の作品ですが、その10年前に「シェーナウの想い」という
ドイツのドキュメンタリー映画がありました。
2014年のみたか発電の設立フォーラムでも上映しました。
都議会議員、市議会議員のみなさんもお見えになり、
<地元から再エネを広げるにはどうすればいいか>と
みんなで熱く語り合いました。懐かしいです。

すでにご覧になったかたもいらっしゃると思いますが、
ドイツはチェルノブイリ、そして福島原発事故を機に原発ゼロを決め
安全な再生可能エネルギーへとエネルギーシフトをしました
2022年までにすべて原発の廃炉を決め、今や再エネの比率は40%以上になっています。
一昨日の東京新聞の一面にドイツのエネルギー相が温暖化対策として
日独で再エネの技術開発をしようと日本政府に呼びかけている記事が出ていました。
これに対して「温暖化対策には原発は不可欠」といい、石炭火力も使い続けている日本。
再エネは17%にしか達していません。

エネルギーシフトを経済成長と見ているドイツとそうでない日本。
一体2つの国、ドイツと日本の違いは何なのか、
映画を観てみなさんと考えてみたいと思います。
シェーナウでも登場した市民電力のメンバーの10年後の姿もこの映画に出てきます。
では映画をお楽しみください。


過去に学び、未来を拓く ドイツ市民のエネルギー革命

『モルゲン、明日』。
映画ではドイツの都市で、村で、学校で、教会で
脱原発と自然エネルギーへ情熱を燃やし、実践する
多くの人々の姿が描かれていました。

また上映会後、みたか発電に寄せられた参加者のみなさんのアンケートには


・民主主義が大切だと思った。上からの「命令」では変わらない。

・現状を変えたい!という気持ちをただ持っているだけでなく、
意思を何らかの形で表明することが大切だと感じた。

・ドイツの人々の粘り強い活動に感動した。
自分にできることから私も何か始めなければと思った。

などの声が寄せられていました。


◆みたか発電 事務局◆

2019年4月18日木曜日

みたか発電 6月1日映画上映会開催『モルゲン、明日』

こんにちは。みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

4月。新年度がスタートです。
私たちみたか発電メンバーも心新たに活動開始です。

今日は6月1日(土)のみたか発電通常総会と
同日に開催の映画上映会『モルゲン、明日』のご案内です。


◆◆*◆◆*◆◆*◆◆*◆◆

★ 2019年6月1日(土)みたか発電通常総会開催 ★

6月1日はみたか発電の第5回通常総会があります。
2019年3月までの活動報告や、4月から1年間の活動計画案、
会計報告なども行います。
正会員のみなさんには5月に入りましたら資料と出欠席確認表を
お送りしますので、よろしくお願いいたします。



★ 同日開催 『モルゲン、明日』映画上映会 ★

2018年 企画・監督・撮影 坂田雅子さん
ドキュメンタリー 71分

*イントロダクションより…

福島第一原発の事故を受け、亡き母の脱原発の遺志を胸に制作した前作『わたしの、終わらない旅』(2014年)でフランス、マーシャル諸島、カザフスタンと核に翻弄された人々を訪ねた坂田雅子監督が、次なる旅の目的地に選んだのは、欧米主要国の中でいち早く脱原発を宣言し、再生可能エネルギーへとシフトしたドイツ。


初作品の『花はどこへいった』(2007年)以降、大国の犠牲となった人々を描き続けてきた坂田が、権威を盲信せず、自分で考え、自ら行動を起こし続けるドイツ市民の戦後の軌跡を辿り、見出したMorgen、明日への希望とは―――。
*Morgen(モルゲン)=「明日」を意味するドイツ語


2019年6月1日(土)
13:15~ みたか市民協同発電 第5回通常総会
14:15~ 映画『モルゲン、明日』上映会受付開始
14:30~ 映画『モルゲン、明日』上映会スタート
16:00  終了予定


*****************

場所 三鷹市市民協働センター 第二会議室
映画上映会参加費 500円(学生無料)

定員 30名
*総会は公開で行われます。

ぜひお越しください。お待ちしています。

◆ みたか発電 事務局 ◆

2019年1月7日月曜日

みたか発電 2018年10月下旬からの活動報告

こんにちは、みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

新しい年になりました。
まとめてのご報告、少しおそくなりましたが、
2018年10月下旬からの私たちの活動報告を行いたいと思います!


☆★★☆☆★★☆☆★★☆

◆10月28日(日)三鷹市・冨澤ファーム 見学会◆



 三鷹市の北野の富澤剛さん(写真・左)は農業を通じてコミュニティビジネスやソーシャルワークを進めている若手農家さんです。
 今年8月に八王子のユギムラ牧場で開催された『「里山のある暮らし」からエネルギーを考える』という多摩エネ協主催のイベントで知り合いました。富澤さんは講師の井筒耕平さんの西粟倉でのバイオマス事業のお話を聞いて、『エネルギーの地産地消も意義がある』と関心をもったそうです。温暖化防止や環境保全のためのエネルギーの地産地消は私たちみたか発電の活動とも大いに通じ合うところがあり、ぜひ一度富澤ファームに行って見たいということになりました。 


 見学当日はお天気にも恵まれ、畑で堆肥や減農薬、収穫間近な野菜の話などを伺いました。「江戸東京野菜コンシェルジュ」の冨澤さんは、内藤トウガラシの普及活動をされているということです。



 その他、冨澤ファームでは30種以上の野菜を栽培し、それらは地域や学校給食で使われています。保育園や小学校とも連携をとり、野菜の苗の植え付けや収穫の体験の場を提供しているそうです。
 この日はみたか発電から7名、こがねい市民発電の佐野さん、調布・えねこやの菅野さん、そしてICUの学生さん2名でおじゃましました。ICUの学生のお二人は以前から冨澤さんとお知り合いで、大学で地域野菜を紹介して広める活動をされています。
 希望のある都市農業を感じた見学会でした。

◆11月18日(日)む~ソーラー主催 
 「千葉県匝瑳市 市民エネルギーちば 収穫祭バスツアー」◆

 2018年2月に、みたか発電で匝瑳市の市民エネルギーちばのソーラーシェアリングを見学に伺った時に『秋に収穫祭がある』と聞き、武蔵野市のむ~ソーラーのバスツアーに参加しました。

 2013年の匝瑳メガソーラーシェアリングの開所式には歴代総理3名が出席されるなど、新しい農業の方法として注目されました。地方の過疎化と高齢化による耕作放棄地や荒廃農地が全国的に増えている今、ソーラーシェアリングはその解決法のひとつだと、産みの親である長島 彬さんは収穫祭でお話してくださいました。農水省の役人の皆さんもその可能性を述べていました。都市農業では生産緑地法により、簡単にはソーラーシェアリングができないそうですが、災害対策としての「安全緑地」という考え方で、エネルギーと食の確保として自治体が動いてほしいとおっしゃっていました。
 農地や林がどんどん宅地になっていく地元・三鷹を見ていると、環境面でもどうにか保存してほしいです。ソーラーシェアリングは未来への選択のひとつだと感じました。会場では移住してきた若者と、地元農家の方たちとのコラボでおみこしを担いだり、かっこいい太鼓の演奏などで盛り上がっていました。

◆11月23日(金・祝)第2回 みたかエコカフェ
 「シェア☓多世代共生☓空き家 ~暮らしをシェアする新提案~」

  広く「環境」をテーマにゲストをお招きしてお話をうかがう「みたか エコカフェ」。 三鷹市市民協働センターで開催した第2回の講師は、小川カノンさんです。



 小川さんは2018年6月の三鷹中央通り・Mマルシェでのみたか発電主催イベント「エコマルシェ」にボランティアとして参加してくださいました。

現在は、認知症デイサービス、保育所、地域の寄り合い所の3事業を行うNPOで保育士として勤務しながら、「暮らしのラボ」の代表としても活躍されています。

 活動のきっかけは、認知症のお年寄りが幼児と触れ合うことで笑顔を取り戻し、また、幼児もお年寄りと接することで成長するのを見て、改めて人と人とのつながりの大切さ感じたことだとおっしゃっていました。

 大きな震災を経験して、私たちのモノや暮らしに対する考え方は変わってきています。
所有ではなく、共有することで人と人が繋がっていく、そんな暮らしを目指している小川さんに、「空き家を活用して多世代が共生する新しい暮らし」の提案をしていただきました。

<参加者の感想・抜粋>
・具体的でわかりやすい。心強く思った。
・シェアする暮らしの必然性や社会背景がよくわかった。
・優しさとそして行動力が素晴らしい。
・いろんな人が集まり支え合う場作りの試みが面白い。
・「めんどくさいことをあえてやる」つながりを作っていくことに共感。
・日本社会の地域コミュニティと個人の生活との関係の変遷などが
 きちんと押さえられている。
大いに希望が持てた。


◆12月17日(月)聖徳学園理科特別授業 ◆


 2018年度も聖徳学園の小学4年生を対象にした理科特別授業を開催することができました。2クラス、各90分の授業です。

※この授業は持続可能エネルギー環境研究会、NPO法人むさしの市民エネルギ-、国際基督教大学生、保護者のみなさまのご協力で行われました。

 

 1部は体験学習、2部では地球温暖化学習&グループディスカッションという構成です。前回も活発な生徒の皆さんの声を聞くことができましたが、今年の皆さんはさらに積極的で、長い90分授業も最後まで元気いっぱいに取り組みました。
 皆さんに書いていただいたアンケートを見ても、ほとんどの方が「とてもよい授業だった」と書いてくださっていました。嬉しいことです。
 グループディスカッションでは、地球温暖化問題を止めるにはどうすればいいか、自分たちの問題として真剣に考えていました。


■グループディスカッションでの意見には以下のようなものが!■

「なるべく車などを使わずに公共の自動車や歩かなければいけない」という意見。やっぱり車にたよりすぎているなと感じ、なるべく車を使わないように心がけようと思った。

・ 
原子力を使うと言っているグループがありましたが、原子力は危険(特に浜岡原発)

・ 省エネをして使う電気量を少なくする意見がたくさん出た。今日から省エネを心がけよう。

・ 
火星に移住するというアイディアがグループから出ておもしろかった。

・ 
ガスやガソリンなどを使わないようにするためにいろんな所にソーラーパネルをつけたり、
 太陽光発電、水力発電、風力発電などをした方がいいと思った。

・ 普段の生活にも地球温暖化が関連していると感じた。



☆★★☆☆★★☆☆★★☆

2019年もみたか発電は元気に活動を続けていきます。
よろしくお願いいたします!


2018年12月19日水曜日

環境省&国立環境研究所 地球温暖化W講演会 について

こんにちは、みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

今日は私たちみたか発電も「協力」している
環境省&国立環境研究所の「地球温暖化W講演会」についてのお知らせです。

**************

☆環境省&国立環境研究所 地球温暖化W講演会 のお知らせ☆

西日本豪雨、40℃越え、「非常に強い」台風など、
温暖化が少なからず影響していると思われる異常気象、自然災害が
日本だけでなく世界各地で確実に増えてきており、
そのペースが加速している感があります。

講演1では、気候変動の科学に関する基礎知識のおさらいから、
オーバーシュート、ホットハウス・アースなど最前線の議論まで、
分かりやすい解説で定評がある江守先生にお話し頂きます。

講演2では、世界で進む「脱炭素革命」の状況や、
日本の再生可能エネルギーのポテンシャル(潜在資源量)等について、
日本の温暖化対策の本丸、環境省地球環境局の政策担当者にお話し頂きます。


2019年1月19日(土) 13:40~16:30
(開場13:20予定)
武蔵野公会堂 ホール (吉祥寺駅南口1分。丸井の東)
参加費500円 定員350人 

※運営協力団体のNPOむさしの、みたか、こがねい会員、
 共催のパルシステム東京組合員は半額。

参加申し込みはこちらから
https://goo.gl/forms/s6UalvdLekfNRr0q2

講演1 気候変動は止められるか...地球温暖化と私たちの未来
    江守正多 氏
    国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長
    IPCC第5次・第6次評価報告書 主執筆者

講演2 脱炭素化のカギとなる再生可能エネルギー
    岸 雅明 氏
    環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐(総括)

申込締め切り 1月10日(木)

*************

たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています。


2018年11月4日日曜日

10月の活動報告「明星学園ソーラーカー工作教室&地球温暖化ミニ学習会」

こんにちは。みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

さて、今日は10月に開催しました「明星学園ソーラーカー工作教室&
地球温暖化ミニ学習会」開催の様子をお伝えします。

************
<牛乳パックでつくろう!
ソーラーカー工作教室&地球温暖化ミニ学習会>
明星学園小学校にて開催


2018年10月20日(土)午後、
みたか発電の太陽光パネルがホールの屋根に乗っている
市内井の頭の明星学園小学校で「ソーラーカー工作教室&地球温暖化ミニ学習会」が、昨年に続いて今年も開催されました。

今回も申し込み多数で抽選の参加となった子どもたちが
小学校の総合学習室に来てくれました。



まずは地球温暖化のミニ学習会から。
みたか発電のスタッフが講師を務め、簡単にレクチャーしたあとは
グループに分かれて「地球温暖化を止めるにはどうしたらよいか?」について話しあい、
意見を出し合います。

 



ポストイットにどんどんアイディアが書きこまれていきます。
さて、どんな意見が出たのでしょうか?一部を抜粋してみましょう。

・電気をあまり使わない
・工場で煙をあまり出さないようにする
・風力発電などを使うようにする
・木を増やす、緑を増やす
・太陽の力や自然の力で電気を作るようにする

子どもたちにも節電や自然エネルギーの大切さがわかっているようですね。

また大人(保護者)からも
・Co2をたくさん排出したら税金を取る
・Co2だけを宇宙に排出する
・牛のゲップのもとはCo2なので押さえるために牛の息がきれいになるスプレーを作る

など具体的、面白い意見も出ました。



次はいよいよ「牛乳パックで作るソーラーカー工作教室」です。

こちらもみたか発電のスタッフが各テーブルに付き、作業開始です。

細かい部品の扱いやドライバーの使い方に苦戦している子どももいましたが…


最後にはこんなに素敵なソーラーカーに仕上げることが
できましたよ♪
(写真のソーラーカーにはポンポンが付いています)




明星学園の先生のご協力で今回も楽しく特別授業を行うことができました。
感謝申し上げます。


みたか発電 事務局

2018年10月27日土曜日

みたか発電も参加予定!「環境教育関東ミーティング2018」のご案内

こんにちは。みたか市民協同発電です。
いつも私たちの活動に関心をお寄せいただきありがとうございます。

さて、本日は私たちみたか発電も参加予定の来年3月のイベント
「環境教育関東ミーティング2018」のご紹介です。

★★★★★ ☆☆☆☆☆

集まれ!環境教育のなかまたち
~コラボレーションで新しい未来を創り出そう~
環境教育関東ミーティング2018

環境教育の普及のためには、何よりも人と人との繋がりと
ネットワークが大切です。
環境教育関東ミーティングでは、環境教育に携わり関心のある方々が集まり、
実践発表や情報の共有、研修や交流の場として、2004年度以来開催されており
今回で15回目の開催となります。

全体会と分科会に分かれて事例発表会などに参加できます。
分科会は2日間合わせて18もあります。
その他、ポスターセッションや早朝プログラムなども予定されているようです。
(セミナーハウスに宿泊のため、早朝プログラムも開催可能です)


期日 2019年3月2日(土)~3日(日)
場所 八王子セミナーハウス(八王子市下柚木1987-1)

募集期間 2018年10月5日(金)~2019年1月18日(金)
※定員になり次第受付終了
※早割申込期限は2018年11月30日(金)

参加費 16,000円(一泊三食)
※早割申込3000円引き、学生2000引きあり、併用あり)

対象 環境教育に興味関心のある学生、個人、行政、企業、教育機関、NPOなど

定員 先着100名

申込方法 環境教育関東ミーティングのホームページ内 申込みフォームより
http://kantomtg.jindo.com/
※フォームは株式会社南海国際旅行のシステムへのリンクとなります

お問い合わせ
 〒150-0001 渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
 一般社団法人 環境パートナーシップ会議(関東EPO)内
  環境教育関東ミーティング実行委員会 事務局
 ご担当 高橋さま、山田さま

 TEL 03-3406-5180
 Mail eekantomtg@gmail.com
   URL http://kantomtg.jindo.com/

研修主催 環境教育関東ミーティング
旅行企画実施 株式会社南海国際旅行
研修共催 関東地方環境パートナーシップオフィス
協力   (公財)神奈川県公園協会、(公財)日本野鳥の会
     (公社)日本環境教育フォーラム、NPOフュージョン長池
     (特非)樹木・環境ネットワーク協会、NPO法人那須高原自然学校
     サシバの里自然学校、石坂産業株式会社、株式会社Biotop Guild
     海辺の環境教育フォーラム2019in伊豆実行委員会

ご興味のある方はぜひ申込みフォームからアクセスしてみてください!
※申込はみたか発電ではありませんのでご注意ください。

みたか発電 事務局






2018年6月27日水曜日

8月5日(日)三鷹で「ベランダ発電工作セミナー」開催します

こんにちは。みたか市民協同発電です。

今日のお知らせは、8月5日(日)午後に三鷹市内で開催の
「ベランダ発電工作セミナー」についてです。

********************

★災害時にも役に立つ★
第4回 ベランダ発電工作セミナー 開催します!

ミニ太陽光発電キットを組み立ててみませんか?

<あなたにも電気、つくれます>
地球温暖化、自然エネルギー、エシカル消費などに関心がある方、
大切なエネルギーを「使うだけ」から「創る」側にシフトしませんか?
ベランダに置けるくらいの省スペースサイズ。作ったその日からおうちで発電!
昼間の太陽の光を集めて電気をつくる喜び、使う楽しさ。
さぁ、体験してみましょう!

★2年ぶりになる「ベランダ発電工作セミナー」の開催です。
今回も「組み立てコース」「見学コース」の2種類で参加者を募集します。
事前申込制、お問い合わせも受付中。どうぞお早目にお申し込みください。

**************

日時 2018年 8月 5日(日)13:30~16:30(予定)
場所 三鷹市市民協働センター 第二会議室
参加費(組み立てコース・見学コースともに)500円(資料代)
主催 NPO法人 みたか市民協同発電
指導・協力 NPO法人 太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)

◆コースの説明◆ 下記2コースからお選びください

1)組み立てコース 発電キット購入、組み立て 先着5名様・自分でキットを組み立てたいという方。発電キット入門セットをご用意します。
新品パネルキット(50W)28,000円+資料代500円
中古パネルキット(80W)20,000円+資料代500円
※パネルの性能保証は新品・中古とも1年間。増設も可(お問い合わせを)

2)見学コース 見学、ちょこっと実物に触れてみたい方 先着20名
・太陽光発電に興味があるので、キットの実作を見学したい、
ちょっと触ってみたい!という方。費用は資料代の500円のみです。

★DIYが苦手でも大丈夫、当日の組み立てはスタッフがお手伝いします★

<パネルキット内容>
 ・50W新品ソーラーパネル、もしくは80W中古ソーラーパネル
 ・コントローラー
 ・バッテリー
 ・インバーター
 ※ソーラーパネル以外の部品を収納できるコンテナ付きです
 ※工具は当日、貸し出しします

*************

下記事項を記入の上、メールかFAXでお申し込みください

○ 参加コース  組み立てコース ・新品パネルキット(50W)28,500円
                 ・中古パネルキット(80W)20,500円
       
         見 学コース

○ お名前
○ 郵便番号、住所
○ 連絡のつきやすい電話番号
○ メールアドレス

お申し込み先 みたか市民協同発電
 メール mitakahatsuden★gmail.com  「★」をアットマークに変えて送信ください
 FAX 0422-31-0287

お申込み締切
 組み立てコース 7月20日(金)※キット手配の関係で締切が早くなっています。
 見学コース   7月31日(火)

お子さんと一緒でも参加できます。夏休みの自由研究にどうでしょうか?
組み立てたキットを使って、実際に家電を動かしてみることもできますよ。
どうぞ奮ってご参加ください。

みたか発電 事務局

(チラシはこちら!)↓